グラフィックボード水冷化(Kraken G10 - NZXT)にしてみた③

Windows
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちはYUIです。

この前からグラボの水冷化を進めております。

前回、重大な問題に直面してしまいました。

それは「ファンを設置する場所がない」これです。

ファン設置場所説明

今回グラボの水冷を設置するのですが、本来はグラボ自体にファンがくっついています。

今回は別の機器を設置するので、ファンを別に取り付けなくてはいけないのです。

それとは別にCPUの水冷ファンも設置しなければいけないのです。

ケース内を探しても設置するところがないのですが、一カ所だけそれっぽいところがあったので合わせてみたら、何とかいけそうです。

正直、すっごい焦りました!

ここまで揃えて設置できないとなったら当分立ち直れません。

でもよかった(´▽`)

CPU側の準備

また塗りすぎた感が・・・(||:゚皿゚:)

水冷を設置します。

ガチャン!

完成(⌒~⌒)

ファン掃除・グリスぬりぬり

もともと設置していた水冷H60には別で購入したファンを付け替えていました。

静音性の高いファンに交換したのです。

それも4年くらい使っていたので、中のグリスも乾いてるかなと思い、どれだけ効果があるかわからないのですが、掃除がてらグリスを付けてみました。

まずはお掃除です。

刺さっているだけなのですが、指ではなかなか引っこ抜けないのでドライバーなどで優しくこじ開ける感じで。

付着している古いグリスをキレイにします。

キレイになりました!

そしてグリスを塗りたくります。

CPUとかに塗るグリスとは別物です。

私はこれを使いました。

Amazon CAPTCHA

ちょーんと。

グサっ!

粉塵フィルター設置

これはケース内に設置するとはいえ、ホコリは怖いから粉塵フィルターをつける。

Amazon CAPTCHA

本来はケース内にファン、ケース外にフィルターになるので同然このように隙間ができてしまう。

どーするか悩んだあげくこうなりました。

マスキングテープで覆う。かっこわるい(笑)

水冷のラジエーターに取り付けます。

こんな感じ。

さあケースに設置するぞー!

なんかすごい違和感がΣ(゚口゚;
でもここしか設置する場所がないのです!

ケースによってはファンをいっぱい設置できるものあるので、あくまでも私のケースではここしかなかったのですね。

今回使ったファンです。

Amazon CAPTCHA

グラフィックボード水冷化(Kraken G10 - NZXT):まとめ

CPU水冷は完成

次回は本題のグラフィックボードに水冷キットを設置しますよー

続きはパート④へ

コメント