ゲーミングモニターに最適!HDMIセレクター1080p/120Hz対応

ショッピング
この記事は約4分で読めます。

PS5は120Hz対応という事でゲーミングモニターの需要もカナリ高くなってきています。
ですがモニターが120Hzに対応していなければ本領を発揮できません。

一般的なモニターは60Hzなのでちょっともったいない気がしますね、、、

簡単にイメージするとパラパラ漫画で1秒間に60枚か120枚の違いです。
当然1秒間に120枚の方がなめらかですよね。

FPSゲームなどをやるとこの違いによって戦果が全然変わってきます。

敵よりも有利に戦いたい!
ってことで、、、

つい先日ゲーミングモニターを購入しました!

このモニターはカナリリーズナブルで高性能!

スイマセンだいぶ横道にそれました。

以前HDMIセレクターで複数PCを操作 4K、2K解像度対応[BSAK302] -【リモートワーク】このセレクターを購入しました。

違いも含めてご説明します。

スポンサーリンク

ゲーミングモニター対応HDMIセレクター

製品情報はこちらになります

RATOC SYSTEMS RS-HDSW31-4K

WisFox HDMI切替器 HDMI分配器 3入力/1出力 4K+3D 高速HDMIセレクター 4K60Hz HDMI2.0 自動手動切替機能搭載 USB給電ケーブル リモコン付き Switch、PS4 Pro、PS3、Xbox、Fire TV、Apple TV、ラップトップ、DVDプレーヤーなど対応
WisFox
【3入力1出力HDMI切替器】HDMI機器3台の映像・音声を1台のハイビジョンテレビやプロジェクターなどに簡単に切り替え出力できるHDMI切替器です。対応機器: HDMI出力端子を標準搭載している映像機器・家庭用ゲーム機・パソコン。HDMI入力端子を標準搭載しているテレビ・パソコン用ディスプレイ・プロジェクターなど。

今回紹介している商品は3入力/1出力となります。
4,5入力もありますので参考にしてみてください。

 1080p/120fps の高フレームゲームにも対応

4K/60fpsの高精細なゲームを楽しむだけでなく、1080p/120fpsなどフレームレートの高いゲームの動作に対応。
FPSやTPSなどのスピードな重要なゲームも、最大限の性能を引き出せます。

私の場合はモニターにつないでいる物は、PC画面はDisplayPortケーブルでつなぎ、それとは別にPS5とニンテンドーswitchをこちらのセレクターにさして切り替えてモニターに出力しております。

私はゲーム配信をしているのでゲームの映像を取り込むためのキャプチャーボードをゲーム機とPCの間に挟んでおります。

ですがゲーム機を複数持っているとHDMIケーブルを差し替えないと行けないのが面倒でした。

そして以前紹介したセレクターを購入したのですが、メーカーに問い合わせてみたところ60Hz以外には対応していないと言われてしまいました。

せっかくPS5が120Hzまで対応しているのでもったいないと思い調べた結果、今回の製品にたどり着いたのです。

もちろんリモコンもあり、切り替えの速度はバッファローのよりも速く感じます。(以前のはそこがストレスでした)

外部電源駆動による安定動作

ACアダプターも添付されており外部電源を供給することで、高解像度、高フレームレートのデータでも安定した伝送がおこなえます。

ちょっと豆知識

よくFPSゲームをやっているとフレームレート(単位はfps(フレームパーセコンド)同じでややこしい)という言葉を聞くと思います。

fpsとHzの関係
fpsもHzも1秒間に表示される画像の枚数のことですが、似ていて違います。
fpsはPCから(モニタへ)出力される枚数、Hzはモニタから(人間の目へ)表示される枚数です。
つまり、PCから144fpsで出力してもモニタが60Hzなら人間の目に届く枚数は60枚です。
逆にPCから60fpsで出力していれば144Hzモニタを使っても60枚しか見えません。

どちらかが高性能の物をもっていても低い方に合わされてしまうという事ですね!

ゲーミングモニターにも使えるHDMIセレクター:まとめ

今回セレクターを買い換えた事によって最大限の性能を引き出す事が出来ました!

これで勝てなければ純粋に私がヘタなだけが証明されてしまいます、、、

注意としてPCからPS5から高いHzで出力するにはPCやPS5の設定も必要です。
もちろんモニターも高いHzに対応しており、設定も必要です。

そこだけご注意ください。

コメント