iPhoneのバッテリーを交換した②

iPhone
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちはYUIです。

前回の続き、iPhoneのバッテリー交換で今回は内部の画像になります。

免責
私の環境での体験記です。
必ず自己責任の上で行ってください。
万が一、症状が悪化してもこちらでは責任は持てません。
自信がない方や不安な方は、専門店・修理業者に相談することをお勧めします。

内部公開

開けたところから。

外す場所は赤丸の2カ所だけです。

まずは液晶部分が邪魔なので上から外します。

2カ所とも下のようにネジの長さが少しだけ違います。
ネジが回らなかったりするのですぐにわかると思います。

パネルを外すと名前わかんないけどつながってるケーブルが見えますので外します。

写真のようにマイナスドライバーで上側にピンッってやればすぐに外れます。

見えてる3カ所の裏にもう一カ所ありました。(ピンボケごめんなさい)

4カ所外すと液晶部分が外れます。

作業しやすいです。

同じ要領で下側も外します。

場所は赤丸。

こんな感じ。

バッテリー取り外し

さて、外しますか。

バッテリーの裏側にベッタリ貼ってあります。

上部につまみ?があるので引っ張ってみます。

古すぎたんですかね・・・

ソッコーちぎれました・・・

イライラしたんで力ずくです!!
それでも剥がれにくかったんでドライヤーで暖めながら剥がしました。壊れない程度にね!

バッテリーぐにゃる程の粘着力でした。

ここまでいけば簡単です。

バッテリー取り付け 注:間違えた・・・

両面テープはこんな感じ

これが間違え!

バッテリー側にテープ貼ればよかったみたいなの・・・
それか、剥がすテープが逆にすればよかった。

ピラ~

こっ・・・、これは!!

(゚ー゚;A アセアセ

Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!

ま、いっか!

取り付けは逆の順番でやるだけ。

今までがんばってくれたバッテリーのなれの果てです。

ん?
たしか2200mAhだったはずじゃ・・・?

まぁ、いいか。

iPhoneのバッテリーを交換:まとめ

特別難しいことは何もなかった。

唯一バッテリーを剥がすところがめんどくさかったー!

まぁ、過去のiPhone4の時代にSuicaカードを内蔵させたことの方が時間はかかったかな。(カードを溶かすのに)
今のiPhoneにも入っているし解体は慣れているんですよね。

コメント